ザイロリック
痛風と言えばザイロリック   >  尿酸値と食品

尿酸値と食品

牛丼が尿酸値をあげる

痛風は一度発症してしまうと今後の人生の中でずっと付き合っていかなくてはいけないものであり、それを怠るとたびたびひどい痛みに襲われることになります。

なので、痛風による炎症を起こさないためにザイロリックなどの薬を常用することはもちろん、生活習慣を見直すことが必要です。

そして、その中でも食事を見直すことは非常に重要でしょう。

適度な運動をしていたり、睡眠をしっかりとっていたりしても、食事が悪ければ改善の余地はありません。

下手したら痛風が悪化し、「運動(予防・改善)しているのになんで悪くなるんだろう」という失意の中に陥ってしまいかねません。

なので、痛風と向き合う分には食事のウェイトは非常に大きいものと考える必要があります。

とはいうものの、普段は仕事などで忙しく、食事管理もままならない人は多いでしょう。

そういう人はせめて、尿酸値を高める食品、尿酸値を低める食品というものだけでも知っておきましょう。

これを知っているだけで普段の何気ない食事でも食品にぱっと目がいくようになり、少しでも食事改善に取り組めるようになるでしょう。

ではまず尿酸値を高める食品ですが、これはプリン体を主にして考える必要があります。尿酸の元となるプリン体を多く含む食品をなるべく避けることで、痛風になるのを防ぐことができる、あるいは痛風による炎症の発生を抑えることができます。

プリン体を多く含む食品は魚類や肉類、きのこ類です。これら日常的に食べている食品はプリン体を多く含んでいます。

じゃあ、これらは一切食べたらダメなのかというと、そういうわけにもいきませんよね。

全然日常的に食べてOKですし、むしろ食べた方が健康に良いものばかりです。

しかし、食べ過ぎには注意をするのと、尿酸値を下げる食品と一緒に食べることを意識すれば大丈夫でしょう。

では尿酸値を下げる食品は何かというと、野菜類、海藻類、乳製品などです。海藻類は血糖も下げてくれるので、健康面で非常に優れた食材です。ヨーグルトなども尿酸をアルカリ性に変えて、体外に排出しやすいようにしてくれます。

というように、尿酸値を高める食品、尿酸値を低める食品を知っておくだけでも、日頃の食生活の意識は変わってくるものなので、忙しい人などはせめてそれだけも意識して食事を見直してみましょう。